FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オンライン書店ビーケーワン:図書館の死体オンライン書店ビーケーワン:図書館の美女

「図書館シリーズ」2冊まとめ読み。

第一巻の「図書館の死体」はアガサ賞、マカヴィティ賞最優秀処女長篇賞を受賞したらしい。というのはあとがきを読んで初めて知ったんですが。図書館もの大好きなので、タイトルだけを見て読むことを決めました。

本格ものではなくてコージーミステリになるのかな。全体に軽くて読みやすくて、最後にじんわりあたたかい気持ちになれる、面白い本でした。
それぞれのキャラクターがとても個性的。愛すべき田舎者達がもりだくさんです。

テキサスの田舎町ミラボーで起こる殺人事件に、主人公・ジョーダンが巻き込まれていく、というストーリー。このジョーダン(愛称ジョーディ)がやたらとハンサムガイで女の子にモテモテなのが楽しいです。正義感でお人よしでおせっかいで憎めない。

1巻のベータのキャラクター造型が最高でした。聖書の句になぞらえたリストの謎も魅力的。
以下続刊のようなので、早速さがしてこようと思います。

スポンサーサイト

オンライン書店ビーケーワン:数学的にありえない 上


癲癇の発作に悩まされ、大学の数学講師からギャンブル狂へと転落の人生を歩みつつある主人公、デイヴィッド・ケイン。ところがその発作は、ある『能力』の目覚めの前兆だった。腕利きの二重スパイ、ナヴァとともに、気づけば大事件の真ん中に放り込まれていた…

**

ちらりと表紙を見た妹に、「お姉ちゃんがその題名の本を読んでることがありえないよ」と突っ込まれました。まったくもって仰るとおりです。数字嫌い、算数嫌い、数学嫌い、の、筋金入りの文系な私です。大学受験時にあんなに勉強したはずなのに、三角関数や微分積分はおろか、解の公式の記憶まで霧の彼方です。どんなんだっけ…

とまあそんな私ですが、この本はとてもとても面白く読みました。

小気味よい訳文とめまぐるしい場面転換、あちこちに潜む伏線。最後までほぼノンストップでした。読み終えて思い出すのは「ソフィーの世界」、「ダヴィンチ・コード」、「天使と悪魔」。そう、この物語、ちょっと小難しい知識をちりばめてあるだけで、お約束だらけのハリウッドアクションサスペンスなのです。ダン・ブラウン好きにはオススメできます。
ヒロインのナヴァが反則レベルに強くて笑えます。このあたりもダン・ブラウンっぽいですね(笑)

確率と統計、量子力学、シュレイデンガーの猫、ラプラスの魔とハイデルベルグの不確定性理論。どれも「聞いた事はあるけど」くらいの理解しかしてませんが(それを人は「理解していない」とも言う)作中つぎつぎに繰り出される数学・物理学理論が全然難しく感じませんでした。むしろ理論だけなら面白いと思いました。これを計算しろと言われたらそれはまた別の話なんですが。

バリバリの理系の人や生粋の物理学者が読んだら眉唾ものかもしれないので、文系のほうがむしろ楽しめるかもしれません。






| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 奏音読本, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。