FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



インシテミル


キタキタキターーーーーー!!
と、叫びたくなります。米澤穂信の新刊。題材は、館モノ。本格です。ごつごつです。垂涎です。んふふふふ。
こんな告知があったので、ちょっと遠回りでしたが新宿を通って買ってきました。米澤さんのサイン会は二度目です。嬉しいな。

内容についてはもうばりばり米澤味の館モノでしたとの一言で。

私は基本的に館モノはあんまり好きじゃないんですが、そしてその理由はほぼ十割の確率でいっぱい人が死ぬからなんですが(千反田みたいですね)、米澤味がうまい具合に聞いているのでこの「インシテミル」はおいしくいただきました。
後味がけっしてさわやかじゃないのも米澤流ですが(笑)本格好きには是非読んでいただきたいです。面白かった。
私の中でも読み返す頻度はけっこう高そうです。

ちなみに、この不思議なタイトル、「インシテミル」。
最初は館モノだから「INしてみる」のかな?と思っていたところ、英題は"THE INCITE MILL"となっていました。
incite:煽動する、あおる。mill:粉砕機、工場、(事務的な)施設。

ほほぅ、なるほどね!(←読後の優越感)


以下ちょっとネタバレ。

スポンサーサイト

お久しぶり、って言葉すら恥ずかしくなるくらいのご無沙汰になってしまいました。
奏音です。生きてます。元気です。
相変わらず本を読んでいます。

6月に結婚いたしまして、環境激変にともない更新が完全にストップしておりました。
式の準備だの引っ越しの準備だの新居の準備だの、めんどくさいことが目白押しで(ふ)
なんとか片付いて落ち着いてきたので、そろそろblogも再開しようと思っております。
RSSでチェックしてくださってる方が何人いらっしゃるかわかりませんが(←自虐)またよろしくお願い致します。

さて。
読書好きの方ならうなずいてくださるかと思うんですが、新生活が快適なものになるかどうかを判断する上でものすごく重要なポイントは、書店との距離と品揃え、そして図書館との距離と蔵書数です。はっきり言ってスーパーの位置より重要です。だって活字中毒者のライフラインなんだもん。

現在、最寄り書店(中規模)まで徒歩3分、最寄り駅(徒歩5分)内に書店(小規模)あり、そして、最寄り図書館(大規模)まで自転車で10分です。すてきな新居です!!(内装とか無視)
しかも区内の図書館間は資料の相互貸し出しあり、取り寄せ&予約はネットからできる!
都会ってすてき!
問題は、予約が一度に10冊しかできないことです。常に上限ギリです。でも幸せ。


<現在借り出し中の本>
・虚空の旅人/上橋菜穂子
・神の守り人/上橋菜穂子
・砂の覇王3~5/須賀しのぶ

 なぜかファンタジーに偏ってます。コバルトも借りられる図書館。すてき。

<今週中に購入予定の本>
・1950年のバックトス/北村薫
・ぐるぐる猿と歌う鳥/加納朋子
・インシテミル/米沢穂信
・片耳うさぎ/大崎梢

 私の中の「好きな作家ランキング」1位グループの方々が次々に新刊を…
 なんでこんな固めうちなの?!(泣笑)
 いくら便利な図書館があっても、このへんは自分でそろえなきゃだめなのよー!

 そういえば彩雲国の最新刊も出るし、来月末には有川浩の図書館シリーズ最終巻が出るし、同時期に米沢穂信の古典部シリーズも出るし…
 家計と本棚(新居に引っ越してから新しく買った。なのにもうほぼ満杯)がピンチです。でも幸せ。ふふふふ。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 奏音読本, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。