FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST

インシテミル


キタキタキターーーーーー!!
と、叫びたくなります。米澤穂信の新刊。題材は、館モノ。本格です。ごつごつです。垂涎です。んふふふふ。
こんな告知があったので、ちょっと遠回りでしたが新宿を通って買ってきました。米澤さんのサイン会は二度目です。嬉しいな。

内容についてはもうばりばり米澤味の館モノでしたとの一言で。

私は基本的に館モノはあんまり好きじゃないんですが、そしてその理由はほぼ十割の確率でいっぱい人が死ぬからなんですが(千反田みたいですね)、米澤味がうまい具合に聞いているのでこの「インシテミル」はおいしくいただきました。
後味がけっしてさわやかじゃないのも米澤流ですが(笑)本格好きには是非読んでいただきたいです。面白かった。
私の中でも読み返す頻度はけっこう高そうです。

ちなみに、この不思議なタイトル、「インシテミル」。
最初は館モノだから「INしてみる」のかな?と思っていたところ、英題は"THE INCITE MILL"となっていました。
incite:煽動する、あおる。mill:粉砕機、工場、(事務的な)施設。

ほほぅ、なるほどね!(←読後の優越感)


以下ちょっとネタバレ。

かなり満足度は高かったんですが、気になるのはヒロイン(?)須和田のキャラ造形。
彼女は基本的に無感動で傲慢な性格なので、あの千反田えるとは両極にいるはずなんですが、「お嬢様」としての立ち位置といい、言葉づかいといい、世間ずれしてなさといい、似すぎていてちょっとしっくりきませんでした。
もちろん意図的なものもあるんでしょうけど。

それも含め、各キャラの背景描写がほとんどなかったことも微妙な違和感。
あえて切り捨てたんでしょうけど。
コナンやら金田一少年やらに頻発するありふれた薄っぺらい動機付け(あいつが恋人を殺したんだ! とか、親父が連帯保証人になった友人に裏切られて一家借金背負ってんだ!みたいな)はハッキリ言って大嫌いなので、まあ、なくてもいいのかな、と思わなくもないんですが、せめて関水と須和田の背景くらいはもうちょっと匂わせてほしかったなぁ。

スポンサーサイト


| HOME | 近況>>


このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/05/31 04:10】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 奏音読本, All rights reserved.