FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あのう…ですから、タカラヅカ

図書館でぶらぶらと棚を見て回っていたとき、ふと目に入って来たタイトルに惹かれて借り出してきました。その名のとおり、ヅカ小説でした。(そんなジャンルあるのか)

感想から言いますと、これが意外と面白かったです。
筆者は元タカラジェンヌ。その体験が織り交ぜて書いてあるので、半自伝的小説とでも言うのでしょうか。

舞台は昭和29年。
親友サツキの一言から宝塚音楽学校を受験し、思わず合格してしまった主人公マキ…という設定。マキからサツキへの手紙、という形で話が進みます。
あれです。あしながおじさん形式です。(書簡体とか言えよ)

元々、舞台ものとか演劇ものとか大好きなので、夢中で最後まで読破してしまいました。
主人公マキは、とくに出来が良いわけでもなく、トップスターになるわけでもないので、「サクセスストーリー」という感じはあまりないです。
結末が結婚・引退、というのもちょっと物足りない…
まあ、時代を考えると仕方ないのかな。

実体験をもとにしているだけあって、登場する女の子(音楽学校の生徒たち)の描写が活き活きしていて楽しい!
ドロドロ、ギスギスといった人間関係は皆無。その辺はぼかしてあるのかしら、とか邪推してしまいましたが(笑)とにかく楽しく読める小説でした。

この本10年前に読んでたらヅカ目指してたかもね、私!!
       読んでなくてよかったかもね…
スポンサーサイト





ああ・・・あのおじさん足長いよね。(影が)

書簡体といわれるよりも、あしながおじさん形式のほうがイメージしやすいです。
もっと言うなら「北の国から形式」とか「HOTEL形式」とか。

10年前に読んでなくてよかったね。
【2005/11/18 00:37】 URL | mayu #TjJs2d9o[ 編集]

「北の国から形式」で書かれた小説はちょっと読んだ事ないです。

………そうだね<10年前
【2005/11/19 21:34】 URL | 奏音 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 奏音読本, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。