FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


凍

ヒマラヤの高峰、”ギャチュンカン”に挑んだ登山家山野井夫妻を描いたノンフィクション。
凄まじい、の一言です。

文字通り命を賭けて山に挑む登山家を、精緻としか言いようのない文章で綴る沢木耕太郎にまず感服。
たとえば同じ題材を浅田次郎が小説にしたら。それを読んだ私は、主人公にどっぷり感情移入して、泣いて泣いて、彼ら夫妻の帰還シーンに胸が震えるんだと思う。
たとえばこれが真保裕一の小説だったら。読みながらにして山の冷たい空気を感じ、彼らの挑戦に手に汗を握り、読み終わったあとには「登山家」という存在に憧れを抱いたかもしれない。

沢木耕太郎の、硬質な、決して感傷的にならない、あくまで事実をそのままに描いた筆致が素晴らしいと思いました。
ただ圧倒されました。
こんな文章を書ける人はそういないと思います。


私は登山には興味がないので、命を賭けてまで高い山に登る気持ちなんて分からないし、凍傷で手足の指を失って、それでもまだ登りたいと思う人の気が知れない、と正直思います。その一方で、彼ら夫妻(や、多くの登山家)にとって、クライミングという行為がとても自然なことで、本能に直結した欲望なのだろうということは素直に感じられました。
私が本を読む理由と、きっと同じなんだなぁ、と。こっちは命がかかってるわけじゃないですが。

筆者後記の最後の一文に、鳥肌がたちました。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 奏音読本, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。