FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オンライン書店ビーケーワン:竜の花わずらい 1

皆、もっと草川為を知ってください。

これ、先日レビューした「GO! ヒロミGO!」7巻と同日発売されてるんですが、手に入れるまで3日かかりました。地元の書店からはじまって、結局5つの店をハシゴして、旭屋書店でようやくゲット。新刊コミック買うのにこんなに苦労したのは久しぶりです。しかも、マイナー版元じゃなくて白泉社なのに!
地元書店なんて、初回配本(発売日に取次から送られてくる本)さえなかったらしいですよ。

いえもう、わたくしは悔しいです。とても悔しいです。なぜなら草川為は、初コミックスから大好きになったイチオシ作家なのです。ファンタジーな題材のラブストーリーが得意な作家さんですが、その設定といいキャラ造形といい台詞の選び方といい、いちいちセンスがいいのです。なんでもっと皆読まないの!売っていけよ白泉社!

今回のお話は、龍の一族の当主の少女シャクヤと、二人の許嫁をめぐるお話。シャクヤの思いに反応して花を咲かせる刺青、ってあたりが草川為らしい味だと思います。あと、2匹のトラとか。

是非読んでいただき、既刊「ガートルードのレシピ(全5巻)」「めぐる架空亭」「十二秘色のパレット(現2巻、以下続刊)」にもさかのぼって手を出していただきたい!

と、熱い思いでお届けしてみました。いや、ほんとに面白いんですって。

スポンサーサイト





花ゆめコミックスはうちにもけっこうあるので
妹に持ってるか聞いてみます。
なにげにベッドの下にBLもいっぱい。。。
(↑こっそり妹の秘密を暴露)
【2006/01/18 01:08】 URL | mayu #TjJs2d9o[ 編集]

早速聞いてみました。
が、「龍の花わずらい」は数日前に友達に貸し出したとのこと。
とりあえず本棚にあった「めぐる架空亭」を読みました。
(他のはダンボールの中らしいっす)

なるほど奏音が好みそうな絵。
年賀用の絵の構図に似た絵を発見しましたよ。
しかしあの結末では結局は悲しい話になるのでは?
と、ちょっと突っ込みたい気持ちです。
【2006/01/18 18:51】 URL | mayu #TjJs2d9o[ 編集]

だんだん、mayuとWeb交換日記をしてる気分になってきました。何を今更…

めぐる架空亭、良かったでしょ?
あれは、バッドエンドになってもおかしくない話をあえてああいう形に持っていってさらっと終わるところがいいんだよ!(力説)

草川作品は、絵というより話のテンポとか台詞の選び方とかモノローグの入れ方が好きなのです。絵も好みなことは間違いないけれど。
ただ、年賀状絵自体は3年以上前に描いたものでこのコミックスの発売前なので、影響は受けてないと思うんだけど。不思議。

【2006/01/20 23:05】 URL | 奏音 #-[ 編集]

妹の友達の家から戻ってきました。
読みました。

いいですねv-218

「めぐる架空亭」よりもこっちのほうが好きですね。
終わり方はまだ分からないけど、
めぐる~よりも無理矢理感がない感じ。
【2006/01/29 17:55】 URL | mayu #TjJs2d9o[ 編集]

いいでしょ?わーい!

さて、次は「十二秘色のパレット」いってみよう。
【2006/01/29 22:12】 URL | 奏音 #-[ 編集]

「ガートルードのレシピ(全5巻)」すぐ出てくるところにあるので
そっちから攻めてみようと思います。
【2006/01/29 23:31】 URL | mayu #TjJs2d9o[ 編集]

私も、龍花とガートルードもってます!!
草川 為さんのマンガいいですよね♪
龍花では私はクワン派です^^♪
【2007/10/05 18:36】 URL | はるな #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 奏音読本, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。