FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


99%の誘拐

岡嶋二人の作品を読んだのはこれが初めてでしたが、素直に面白いなと思いました。人気があるのがわかるな、と。

コンピュ-タ犯罪を扱った話ですが、刊行が20年前なのにそれほど古くささを感じさせないことに感心しました。WWWではなくてパソコン通信、出てくる刑事はコンピュータ音痴、と、それなりに時代を感じさせる設定の割にはリーダビリティに優れていて読みやすいです。
「その家にコードレスホンはあるのか調べろ!」っていうシーンがとても印象的でした。そうか、20年前ってそんなのか。


20年前の誘拐事件と企業の吸収合併が、進行中の誘拐事件とシンクロしていく、というのを軸に、(当時の)最新コンピュータ技術を駆使したトリックが展開していく、というあらすじ。

すぐに犯人が分かってしまう、いわゆる倒叙ものなんですが、犯人がしっかりしすぎていて感情移入しにくいのと、ラストのあっさり感が物足りないかな。
でも、他の岡嶋作品も読んでみたいなと思わせる出来でした。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 奏音読本, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。